母子家庭借金返済

母子家庭で借金返済ができずに、生活できないくらい借金まみれになってしまっている家庭は少なくないです。

離婚して親権を得て母子家庭になったのはよくても、元旦那が養育費を振り込まないなどの状況で経済的に成り立たず、借金生活になってしまうということはよくあります。

また、子供が小さい場合だと、育児などもあってフルタイムで働くことができず、収入が少なく、その結果、病気などで大きな出費があった際には、どんどん経済的に追い詰められてしまいます。

母子家庭では一度借金すると返済できない場合が多い

母子家庭借金返済できない

母子家庭での借金の多くは生活費を工面するというのが目的の場合が多いので、借金したのはいいけど返すあてがないという場合が多いです。

生活費を借金で賄うということは、余分なお金がないということなので、借金返済の余裕はないということになります。

こうなってしまうと、借金返済のために借金を繰り返すとという悪循環に陥ってしまって借金まみれになってしまうことになります。

借金まみれになってしまって、返済の見込みがないような状況になったら、自己破産などの債務整理を検討することになります。

自己破産後は生活保護を受給したりして、子供が学校に通うくらいまでに資格を取得して働くことを検討するといいです。

ただこういった状況に追い込まれないために、母子家庭になる前の離婚前にある程度の準備をして置くことが大事になります。

母子家庭で借金で困らないように離婚前にやるべきこと

母子家庭借金離婚

母子家庭で借金まみれになってしまって、生活できない状況に追い込まれてしまっている場合には、離婚前の準備が不足しているケースが結構多かったりします。

離婚前に母子家庭になることが分っている場合には、できるだけ元旦那からお金を取る算段をしておくことが重要になります。

具体的には下記のようなことを検討しましょう。

浮気による離婚なら慰謝料請求しておこう

母子家庭になる原因は色々ありますが、旦那の浮気による離婚なら、しっかりと旦那と浮気相手にしっかりと慰謝料請求しておくことが大事になります。

浮気で離婚する場合には慰謝料が増額されるので、慰謝料請求するだけでも数百万円は手に入るので、新しい生活の十分な資金になります。

何となく大変そうだと思う人もいますが、探偵や弁護士を活用すれば問題なく慰謝料請求できるので、しっかりと活用するといいです。

母子家庭になるとお金は大事なので、取れるところからはしっかりと取っておきましょう。

養育費の条件を公正証書に残す

母子家庭で生活できない状況に追い込まれる原因として多いのが、養育費の未払いです。

養育費を滞納する元旦那は多く、しっかりと払っている元旦那の方が少ないという現実があります。

そのため離婚の際にはしっかりと養育費について決めておき「公正証書」にそれを残しておくということが大事です。

養育費の条件を公正証書に残しておけば、養育費の未払いが発生した際に強制執行による差し押さえが可能なので、滞納を防ぐことができます。

この養育費を公正証書に残しておくということは離婚後でもできることなので、是非やっておきましょう。

母子家庭で借金から脱出するにはどうする?

母子家庭借金脱出

母子家庭でどうしても生活できずお金に困ってしまったような場合には、いきなり消費者金融からお金を借りるのではなく「母子父子寡婦福祉資金貸付金」を利用するといいです。

「母子父子寡婦福祉資金貸付金」は一人親家庭向けの地方自治体による貸付制度になっています。

利率が非常に低く、消費者金融からお金を借りるよりはるかにお得なので活用を検討するといいです。

詳細は住んでいる地方自治体によって違ってくるので、自治体の窓口で相談すると良いと思います。

自治体によって違ってくるかもしれないですが、金利ゼロで利用できることも多いので、急にお金が必要になった場合には活用しましょう。

借金返済できないなら債務整理しよう

母子家庭借金返済債務整理

母子家庭で借金まみれで生活できない状況になっているなら、早めに債務整理して借金整理してしまったほうがいいです。

借金はそのまま返済できない状況を続けていても利息が増えるだけで何の解決にもならないので、返済できないと思った時点で債務整理を検討するといいです。

債務整理を利用する際には、弁護士や司法書士に相談して手続きをお願いするのが普通です。

最近の弁護士や司法書士は、借金問題に関しては、無料相談を受け付けている所が多いので、まずは無料相談で借金状況について相談するといいです。

債務整理にも任意整理や個人再生、自己破産などの色々な方法があります。

当サイトではそういった借金や債務整理、離婚や再婚などについても載せているのでよかったら参考にしてください。