母子家庭で借金まみれで生活できないというような状況になってしまう大きな原因は離婚前の準備不足というのが大きいのではないかと思います。

離婚して親権をとって母子家庭になったら、これまでどおりの生活ができないというのは何となく予想できると思います。

しかし、離婚の原因によっては冷静さを失って気持ちの赴くまま離婚してしまい、その結果として生活費に困る事になってしまい、借金まみれで生活できないという状況に追い込まれてしまいます。

冷静さを失って離婚してしまうというような状況の場合には、おそらく原因が浮気であることが多いのではないでしょうか。

浮気されると誰でも頭にきてしまいますが、それを理由に慰謝料請求せずに離婚してしまうのは早計です。

浮気が原因で離婚する場合には、一度冷静になって、母子生活になった際のことを考えることが大事です。

浮気が原因で離婚するなら、旦那や浮気相手に慰謝料請求して、数百万円は確実に得ることができると思います。

母子家庭になった際に、慰謝料の数百万円という金額は非常に大きいです。慰謝料請求せずに離婚してしまうというと、旦那や浮気相手を喜ばせるだけだということを知っておきましょう。

ただ浮気で慰謝料請求するのは簡単なことではなく、しっかりと浮気の証拠を掴むことが必要になってきます。

裁判でも浮気の証拠があれば有利になるので、探偵などに依頼して法廷で通用する浮気の証拠を集めてもらうと効果的です。

下記のサイトで浮気の証拠の集め方と探偵の選び方について載せているので参考にしてください。

https://xn--3yq508bn9cwyeqjr2ebw1gzeh.com/